イラスト?リアル?

暇なので色々と試してました。

不覚にもド下手な人間に釣られてしまったサワラです。

サワラ(イラスト系)

テーマは実際は写真からなのにリアルな魚の絵を書いてみました風に仕上げてみました。

ややこしいテーマですが仕上がり具合はリアル加工とイラスト加工の中間な感じかなと思います。

良かったらお試しください。

 

デジタル魚拓専門店 Mスタイル

http://m-style.fun/

 

ヒラマサ(イラスト加工)

ヒラマサのご紹介です。

ヒラマサ(イラスト加工)

立派としか言いようがないです。

次は10キロとのことなので期待して待ちたいと思います。

 

皆様はデジタル魚拓にしたい魚の写真眠ってませんか?

眠ってましたらぜひ、ご依頼をお待ちしております。

 

デジタル魚拓専門店 Mスタイル

http://m-style.fun/

 

アマゴ(イラスト加工)

アマゴのご紹介です。

アマゴ(イラスト加工)

川魚らしい綺麗な魚ですね。

綺麗な魚拓で残せるのもデジタル魚拓ならではです。

写真さえ撮れば墨で汚れることも無くリリースも可能なのがデジタル魚拓です。

メモリアルフィッシュにはぜひデジタル魚拓をお試しください。

 

デジタル魚拓専門店Mスタイル

http://m-style.fun/

 

用紙の追加と料金変更

あけましておめでとうございます。

今年も皆様に喜んでもらえるようなデジタル魚拓を制作していきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いいたします。

 

新年早々ですが新しい用紙を導入しました。

これまでは発色が良く綺麗なデジタル魚拓になる光沢紙のみでしたがクロス生地(布)を追加しました。

クロスはシワになりにくく破れにくいという特性があります。

デジタル魚拓のサイズが大きくなると紙では取り扱いが難しくなってきますので大きいサイズはなるべくクロスをおススメします。

クロスと光沢紙の比較

左がクロスで右が光沢紙です。

光沢紙と比べるとクロスは布目の質感もあって落ち着いた仕上がりになります。

ラミネート加工は生地の性質上クロスではできませんので光沢紙のみとなります。

料金は光沢紙とクロスは同料金で制作させていただきます。

その料金ですが今までは用紙サイズで料金が決まってましたがお客様からは分かりにくいかと思いこれからは魚サイズで料金を決定します。

そしてその料金が今までより更に頑張って少しお求めやすくなりました。

料金表でご確認ください。

 

デジタル魚拓専門店 Mスタイル

http://m-style.fun/